更新停止?!

移転しました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

#8 水中の王者

エレキングついにキタ━*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*━!!!!!
番組開始10分以内に
アーストロンvsケルビム
エレキングvsアーストロン
エレキングvsゴモラ
という3戦が一気に見られるという大盤振る舞い!

それにしても水中の王者で変換して
一発変換で「王蛇」になったことに
正直自分が驚いた。
(このパソコンは「機龍」「超獣」なども単語登録してないのに一発変換するようになったw)


宇宙凶険怪獣:ケルビム
ウルトラマンメビウス「傷だらけの絆」「総監の伝言」
さらには劇場版ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟にもちょこっと出演。
タカトに怪獣に対する恐怖心を植えつけた張本人。
初登場ではミクラスと戦い、次回登場ではアーストロンを操って戦うという
見た目の怪獣然とした姿とは裏腹に特殊能力を活かす知能的な怪獣。
接近戦ではツノと爪で、中距離では尻尾で、遠距離では火炎弾で攻撃する万能選手。
いきなり登場して、アーストロンとの戦いの火蓋をきった。
メビウスのときはアーストロンを操って戦ったが今回はアーストロンとガチンコバトル。
持っている武器をフルに使って戦いを優勢に進めて火炎弾の連射で
アーストロンを倒すも油断した瞬間、起き上がったアーストロンが耳を引きちぎり
弱ったところに火炎放射を受けて大爆発した。
耳をひきちぎられたことには良い意味で驚いた。
マックスゴモラのときの尻尾切断といい、こういう描写が消えていないと実感でき嬉しい。

凶暴怪獣:アーストロン
帰ってきたウルトラマン「怪獣総進撃」に初登場。
いかにもいかにもいかにもな怪獣然とした、正統派スタイルを持つ恐竜型怪獣。
怪獣らしさを凝縮されて生まれたかのようなスタイルが魅力だと思う。
メビウスのときの雪辱を晴らすべくかのごとく、ケルビムの前に登場。
パワーの押し合いでは引けをとらなかったが火炎弾を受けて倒れた。
その後、ツノを蹴られても死んだ振りをしていたがケルビムが勝利を確信した瞬間
いきなり立ち上がって、耳を引きちぎるという行動にでた。
思わぬ反撃を受けたケルビムは戦意喪失し、後退したものの逃がすことなく火炎放射でしとめた。
メビウスのときの雪辱をしっかり果たせたようだ。
しかしそれもつかの間。
勝利を喜んでいたところに、湖からエレキングの尻尾が急襲。
湖のなかに引きづられ水中というフィールドでエレキングを相手に戦うことになるも
自分にとって不利なフィールドでの戦いであったために
一方的に踏みつけられたあげくに電気攻撃を受けて倒れた。

宇宙怪獣:エレキング
初出はウルトラセブン「湖の秘密」
数いるウルトラ怪獣のなかでもバルタン星人やレッドキングに負けず劣らずの抜群の知名度を誇る。
ちなみにマイフェイバリット怪獣。
あの艶かしくスラッと伸びたエレキングの全体なスタイルの美しさはもちろんこと
目だかアンテナだかわからない絶妙な位置に配置され
しかも互い違いに逆回転するツノが織り成す生物感と機械感の融合っぷりはまさに究極形・・・
そして真っ白い身体に自由に走る真っ黒な稲妻模様のカッコよさ
さらにエレキングの特徴ともいえる長く綺麗に伸びたしなやかな尻尾の見事さ・・・
その全てがあぁ、もうたまらん・・・!!(*´Д`*)
セブンで登場以来、改造されたり平成版ででたりマックスにも出たりと
人気怪獣らしく何度もリメイクされて登場しているが水関連は意外と少なかったりする。
今回は初代エレキングと同様、湖周辺を住処に活動していたようだ。
水中の王者とオキが比喩したように、自分のフィールドに相手を引き寄せて倒していたのはまさにキングにふさわしい。
湖の上でドカドカやっていたアーストロンたちにイラついたのか尻尾だけを伸ばし
アーストロンをとらえると水中に引きづりこんで一方的に攻撃を加えて打ち倒した。
プール特撮があったのは嬉しい、そしてあの何かが登場する直前
ジャボジャボと水が上に吹き上げていくワクワク感はなおたまらない。
誰しもお風呂のなかにシャワーを入れて水面近くでジャボジャボやったことはあるだろう(あるか?w)
しかし水中には電気エネルギーを受けて人工太陽のエネルギー源ともなるソリッド鉱石があったため
ここから引き離すことがクルーたちの一番の目的となっていた。
エレキングを倒すため、ゴモラが登場したが尻尾の戦いではエレキングが負け。
しかしゴモラの隙をついて三日月状光線を乱射し土煙で煙幕を作って
その隙に尻尾を巻きつかせて電気攻撃で弱らせ、さらに水中へ引きづりこむという頭脳プレーをみせた。
初戦では今までタイマンではほとんど勝利してきた成長したゴモラを撃退させた。
しかしペンドラゴンのクルーによって立案された作戦と万全の体制で迎え撃ったレイとゴモラとの第二戦。
陸へ打ち上げられゴモラのジャイアントスイングからの超振動波を受けてついに倒れた。
今までのエレキングのなかでは最もタフで強かったんじゃないか?
爆発せずに倒れ伏したがバトルナイザーがエレキングを求めたため収納された。
もうあと数話しかないが今後の活躍が楽しみだ。
次回にはマケットのリムエレも登場し、マジたまらんw

古代怪獣:ゴモラ
エレキングが水中の王者ならゴモラは地上の王者といったところか。
我が物顔で跋扈していたエレキングを地上で圧倒した様は圧巻。
長いエレキングの尻尾を見事に回避、そして太い自分の尻尾で打ち倒す!
さらに三日月光線まで見事に回避。
ここまで見てきて思う。
恐ろしくゴモラの回避率が高すぎると。
背を向けてても余裕でかわすって、ウルトラマンでもそうそうしてないぞ。
野生のカンが働くんだろうか(レイの指示もあるけど)
ついに仲間が3人揃った、これで彼の負担も少しは減るのだろうか。

次回、メビウス怪獣からアングロスとグロマイトという四足重量怪獣が登場!
さらにペダン星人がキングジョーブラックをひっさげ乱入!
物語はついに佳境に・・・!
スポンサーサイト
  1. 2008/01/20(日) 22:38:29|
  2. ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。