更新停止?!

移転しました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

#7 怪獣を呼ぶ石

バンピーラに続いて登板したビーストはフログロス!
さらにブルトンを初め、レッドキング・ネロンガ・テレスドンが登場し
さらに加えてゴモラが一枚絵に収まるという贅沢なシーンが見られた!
思わず、うおおおお!?と声をあげてしまったよ。


アンフィビィアタイプビースト:フログロス(B)
ウルトラマンネクサス「黙示録-アポカリプス-」で初出。
このときは回想シーンでの登場であり、しかも等身大よりちょいデカいだけ。
まさかのまさかで大怪獣バトルに参戦したビースト第2弾。
ネクサスのときよりもヌメヌメ感がなくなっていて不気味さは減退。
まぁ大怪獣バトル仕様に変更された感じを受けなくも無い。
不時着したレイと捜索にきたヒュウガの前にいきなりワープアウトしてきた。
火炎弾で威嚇したものの、レイの出したリトラの攻撃で秒殺された。
リトラが強かったのか、フログロスが弱かったのかはわからない。
でも多分、リトラがレベルアップしていたんだと思う。
それだから後半戦で一気に3体もブルトンがけしかけてきたんだろう。
フログロスBのBは、BIGのBだろうか。

四次元怪獣:ブルトン
ウルトラマン「異次元へのパスポート」で初出。
意味のわからない、不気味な、正体不明の隕石が大元。
大怪獣バトルでも怪獣出現の原因のような存在になっており
ゲーム、FERでもしょっぱなに戦う相手がブルトンだったりして何気に物語のきっかけ役。
今回も1ヶ月前のボリスに飛来し、ZAP研究員が分析しようとしたときに
四次元能力で時空をゆがませて怪獣を転送させてきていた。
飛来した隕石の内部にはなぜか人間の赤ちゃん(CGだった)が収納されており
それを見たレイは誰よりも強く反応を示していた。
ボリス壊滅後は地中深く潜んでおり、ヒュウガたちの背後をつけるように行動していた。
今回はフルCGによって描かれ、あの絶妙なグニョグニョ感が良い感じになっていたと思う。
アンテナは硬質なものではなく、どちらかというと触手的なものになっていた。
スペースペンドラゴンの付近にいきなり登場し、ごろごろと転がってきた。
ゴモラが迎え撃ったが、対抗してレッドキング・ネロンガ・テレスドンをワープアウトさせ
その戦いをまるで観察するかのようにしていたがリトラの頭脳プレーによって
テレスドンの火炎弾がアンテナに当たって溶けてしまい
その隙をついたペンドラゴンからのワイバーンミサイルの直撃を受けて爆発した。

透明怪獣:ネロンガ
真っ先に転送され、ゴモラに飛びかかっていった好戦的なやつ。
挙句にゴモラに対してフライングボディプレスを敢行するなど、すさまじい闘争意欲。
しかしゴモラに一蹴りで蹴り飛ばされてしまったが・・・
ゴモラを相手に一番長く奮闘したもののダウンしたところで
テレスドンの火炎放射をゴモラが避けたために誤射によって爆発した可哀想なやつ。

地底怪獣:テレスドン
正直、今日の戦いでレッドキング級にバカなんじゃ・・・と思わずにいられない。
2番目に転送されてきてネロンガに続いてゴモラに飛びかかっていったが
押し返されるわ尻尾でコケさせられるわで散々な目にあっている。
リトラに対して火炎放射を行って攻撃していたが逆にそれを利用され
こともあろうにブルトンに向けて発射してしまったため、それがきっかけで逆転された。
さらにゴモラの背後をついて火炎放射を浴びせかけようとするも
ゴモラは完全にそれを読んでおり、軽々避けられ火炎は倒れていたネロンガを直撃。
一番、足を引っ張っているのは間違いなくコイツだ。
リトラに頭にピンポイントで爆撃されピヨったところにゴモラの超振動波で爆発。

どくろ怪獣:レッドキング
3番目に転送されてきた。
しばらく状況が飲み込めなかったのか、傍観していたようだが
2体が倒されるやいなやゴモラと一騎打ちをした。
元気まんまんでゴモラの尻尾攻撃に耐えたり、ラリアットを敢行し殴りつけるなど
まさしく暴れん坊の怪獣にふさわしい戦いっぷり。
ゴモラを倒し、トドメとばかりに大岩を持ち上げるもここから先はお約束。
上空にいたリトラがファイヤー化し、火炎で岩を破壊。
驚き、慌てふためくその口にファイヤーストライクをねじ込まれてゴックン。
体内でファイヤーストライクが炸裂して盛大に爆発した。

原始怪鳥:リトラ(S)
今日はものすごい大活躍。
まずはフログロスに対して火炎弾であっという間に倒した。
フログロスがヒュウガに向けて吐いた火炎も相殺するなど、頭もいい。
さらにブルトンに向けて火炎攻撃を行っていたが効かないとわかるや
テレスドンの周囲を飛びまわって挑発。
自分に注意を向けさせ、火炎放射をさせてブルトンの方向へ誘導して発射させ
ゴモラやペンドラゴンが逆転するきっかけを作った。
続いてテレスドンにも一発お見舞いし、ゴモラがそれに続いてトドメをさした。
最後にはゴモラにとどめを刺そうとするレッドキングにも果敢に立ち向かい
ファイヤーストライクでレッドキングを打ち倒すと言う快挙を成し遂げた。
勝利ポーズでくるっと一回転したのが可愛い。

古代怪獣:ゴモラ
今日はついに3体の怪獣をまとめて相手にするというハードな戦いになった。
さすがにスーツにも疲れが見えてきている。
3体相手に全くひるむことなく勇敢に立ち向かい、大奮闘した。
それにしても初代マン登場の怪獣がこれだけ一枚絵に収まるとは・・・夢のようだ。
ネロンガ、そしてテレスドンのタッグもリトラとのコンビで撃破し
レッドキングのランニングラリアットも真正面から受け止めるというタフさ。
いよいよ強くなってきているのが実感できる戦いだった。

次回、ついに俺の待望のエレキングが登場!!
こいつが登場するのをどれだけ心待ちにしていたか・・・!!!
スポンサーサイト
  1. 2008/01/17(木) 22:52:18|
  2. ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。