更新停止?!

移転しました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

#6 もう一人の怪獣使い

怪獣使いとゆーと、怪獣使いと少年・・・が思い出されるけど
それとは全く違う怪獣使いの登場。

ていうか、関係ないんだけれども
怪獣使いと少年の怪獣使いって別に怪獣を使役していたわけじゃないよね(´・ω・`)


古代怪獣:ツインテール
初出は帰ってきたウルトラマン「二大怪獣東京を襲撃!」
食べるとエビのようにうまい、というのはウルトラのなかでも屈指の有名設定。
グドンが天敵でエサになってしまっているというのもまた有名な設定。
メビウスでも復活を果たし、水棲怪獣という事実をひっさげて登場した。
水中を優雅に泳ぐ姿にツインテールの新たな生態を見せられた思いだったものだ。
今回、ZAPから離脱したレイの前に突然出現。
CGで表現された尻尾は自由自在にしなり、迫力ある叩きつけをみせた。
リトラと戦うことになったがいきなり天高く釣り上げられ、地面に墜落させられた。
しぶとくリトラと戦い、かなり痛めつけるも助けに入ったレイの銃撃と
リトラのシトロネラアシッドを浴びて倒れた。
スーツはメビウスのときに登場したものだろう。
なかなかの生物感が漂い、見ごたえがあった。
フルCGで表現されているリトラとの戦いも、相性がよいものだったと思う。

原始怪鳥:リトラ(S)
ファイヤーゴルザ戦で傷の癒えていないゴモラの代わりに登場。
ツインテールとは2倍以上も体格差があるにも関わらず
それを持ち上げて叩き落とすというものすごく豪快な技まで披露してみせた。
しかしツインテールの攻撃を受け、地面に落とされてしまいピンチに陥る。
レイの銃撃の援護によって脱出することができたが
このときレイが「リトラ!飛べぇ!!」と叫びながら守ろうとしていった姿はちょっと胸が熱くなる。
続いて登場したガンQ戦ではゴモラと並び立つシーンがあったり
ハルナの駆るドラゴンスピーダーと連携攻撃を見せるなど
画面をさらにわくわくさせる効果を生む登場の仕方をしてくれていた。

岩石怪獣:サドラ
今日も今日とて大群で登場。
偶然だったのかケイトの差し金だったのか、レイを助けに行こうとした
スペースペンドラゴンの前に大挙して登場。
しかしワイバーンミサイルの前に全滅した。

奇獣:ガンQ
カードでのスペックはやたら低いくせに、テレビになると一気に強くなった。
リトラに対し小型円盤の目玉を飛ばして追撃させるなど芸達者。
オキを人質に、踏み潰そうとしたがゴモラによって弾き飛ばされた。
ゴモラの尻尾攻撃を受け止めてみたり蹴りを入れるなど
優勢に戦いを進めるほどに鍛え上げられていたのだが
オキの言葉や援護にきたスペースペンドラゴンをみて気力を取り戻したレイ&ゴモラ、
そしてペンドラゴンの援護攻撃を受けて、次第に劣勢になっていった。
ゴモラの飛び蹴りや体当たりがまともに正面の目玉にはいっており、すごく痛そう。
ゴモラの超振動波を小型円盤で相殺しようとしたが
それをものともせずに破壊してきた振動波をまともに受けて転倒。
さらにテールアタックを受けてコマのように回ってダウンすると
リトラとドラゴンスピーダーからのコンビネーション攻撃を受け
トドメに復活したハイパーオメガ砲の直撃を受けて爆散した。

古代怪獣:ゴモラ
もはやすっかりヒーローが似合うゴモラ。
ファイヤーゴルザ戦はさすがに消耗したらしく前半は休んでいた。
今回はオキを助けるために召喚されガンQと対峙。
レイとシンクロ(?)しているせいもあってか動揺するレイの心もあり
ガンQとの戦いは劣勢に追い込まれ、本来の力を出せずにいた。
しかしオキの言葉や仲間を信じ続けたレイに応えるかのように駆けつけたペンドラゴンを受け
後半は一気にガンQを追い詰めていくほどの爆発力を見せた。
特に目玉に見舞った飛び蹴りと体当たりのキレは素晴らしく
テールアタックでガンQをスピンさせてダウンさせるという芸当も披露。
今日は見事に連携のつなぎ役を果たした。

次回はスペースビーストからまたもマイナーなフログロスが登場!
ネクサスでは等身大スケールのみの登場だったから巨大化してるのはちょっと嬉しいぞw
そしてゴモラはレッドキング&テレスドン&ネロンガという
初代マンを代表する有名怪獣たちとまさに大乱闘!
スポンサーサイト
  1. 2008/01/08(火) 22:36:40|
  2. ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。