更新停止?!

移転しました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

TYO吉田社長の発言の真意と円谷の行く末は・・・?

(株)ビルドアップ 代表取締役であり、円谷プロの取締役副社長に就任した岡部氏。
その岡部さんが自身のブログにて、この間の社長の発言のフォローをなさっていました。
まぁやっぱり、と言いますかかなり編集されたものだったようで(´・ω・`)
記事として取り上げようか取り上げまいか悩んだ末、一通り情報が出揃ったので取り上げます。



【岡部淳也 公式ブログ】
http://ameblo.jp/j-okabe/

ていうかアメブロにブログあったんですね・・・気付かなかった(^-^;
最もこの場合、気付かれなかった方がよかったのかもしれないかもと思ったり。

まず10/30付の日記。(抜粋、原文ママ)

>うちのグループの ボス 吉田が 、
>ネットや2チャンネルで 会見の発言が騒がれていますが、、、
>俺は、実際の 発言の現場と 放送をみましたが、
>ああ 映像編集されちゃうとね、、、
>確かに ファンの方々が ムカつかれても仕方がない。

>だが、吉田の言っているのは、

>とにかく 作品の内容、方法論 以前に 会社ですから、
>経営を成立させ続けなければいけない。

>そのために、赤字体質を産み出す体質を改善し、
>新しい制作体制を確立しなければならない。

>しかし、古くても良い部分を守らなければいけない。
>その上で、新しい技術を取り入れ 置き換え、
>定型なウルトラマンを作り続けるのでは無く、バージョンを上げる。


>経営、映像を革新し これまでを支えてきた ウルトラ ファンの持っている
>期待を裏切らず、その延長線上で 新しい かっこよさ を具体化し、
>従来のファンから、一般のファン、、、特に 目の肥えた 次世代の子供達を
>魅了させるような 体制を思い描いているはずなんですがね、、、

>まあ、あとは、そういった 能書きを 具体化出来れば
>今の逆風は サーガに厚みをつける要素に納められる、、
>納められればと思うのですがね、、


あのテレビでのニュースや特集の報道のされ方では
古いものは何でも切り捨て、新しいものを取り入れていく!
そういう風にしか視聴者の目には映らなかったことでしょう。
だからこそ反響もあったわけで・・・
でもこの日記を読む限りでは、やはり完全に過去のものを切り捨てていくのではなく
それまでのノウハウも活かしつつ、新世代のスキルを取り入れていって
もっといいものにしたい、ということのようですね。
一時期、ウルトラマンからキャストまでなにから何までCGにするのかw
という冗談もありましたがさすがにそんなことはしない・・・っぽいですね(^-^;
(まぁ、ザ☆ウルやウルトラマンUSAがあるくらいだからあってもおかしくはないけれど)
新体制でやっていこう!と気合を入れたはいいものの
あの報道によって真意が歪められてファンからバッシングを受けたのであれば
出鼻をくじかれたような思いなんでしょうかね・・・
ともあれ上手い具合に改革が進むのを祈るのみ、社員の方々は大変でしょうけれども;;



そして11/3の日記。(抜粋、原文ママ)

>今後、円谷での仕事が始まると 本当に 物量が大変そうで、
>ほんとまじで、、重圧なプレッシャーを感じてなりません、、、
>今後は、酒に逃げないようにしないと、、、

>今回の 円谷買収から、 色々なメールや、陰口が耳に入ってきます。

>過労死覚悟で ファンを失望させないよう 誠心誠意 頑張りますが、、

>ファンあっての 作品であることは重々理解しているのですが、
>膨大な負債を どう処理するか の 地獄のような問題解決から、
>様々な責務がのしかかる最中、、、



>幼稚というか、、、なんだろう、、、悪質な耳年増達 や
>業界最下層の 困った面々 からの軽率な発言、誹謗中傷 には、
>とにかく脱力します。

>そんな近頃貰う、困ったメールや電話諸々から、
>そういった面々からの防御。
>今後 責務となるプロジェクトの守秘性 を 考えると
>このブログも近いとこで 辞める事にしまいた。




>以後、ぽつぽつ書き進めますが、
>年内適当なとこで、、、というか やっぱ これで ここのブログは辞めます。


お願いだから過労死まではいかないようにしていただきたいものです(´・ω・`;)
身体あってのお仕事ですし、何より大切な支えになる人ですからね・・・
今回の円谷の買収騒動はファンのみならず、特撮ファンでない方にまで話題になりました。
そのことが円谷の認知度やファンからの愛着を逆に知らしめる結果にもなったかとは思います。
しかし買収という事態には、当然心穏やかなはずもなく・・・
そこへ持ってきて社長の言葉の歪められた伝えられ方。
どう編集されたにしろ、「過去のものを切り捨てる」
という旨の発言が一番逆鱗に触れてたような気がします。
しかしこの日記のお言葉には少々胸が痛んだというか身につまされる思いがあり・・・
こうやってブログ記事に取り上げるのも迷惑をかけるのかなぁ、と思う次第(´・ω・`)
もちろんどんなものも使い方次第で良くも悪くもなるものですが・・・
この言葉があったからブログに取り上げようかどうか悩んだんですよね;;
(社長の発言の誤解があったらしい、ということで記事に取り上げることとしましたが)
まず、当面の目標は負債の解消のようですね。
すでにULTRASEVEN Xやウルトラギャラクシー、大決戦!超ウルトラ8兄弟があって
ここまで資金を使うことは明確になってますが、果たしてそれ以降はどうなるのか?
円谷は作れば作るほど赤字になるという体制が日常化していましたので
新作映画以降、休息を挟んで資金を溜めることに専念するんでしょうか・・・



その心配に拍車をかけるかのように風見しんごさんが自身のHPで
ちょっと気になることをいっていたり。
(やはりこういうのが「責務となるプロジェクトの守秘性」に当たるんだろうか?)

【しんごトーク 「これが最後?・・・ならば・・・」】
http://mycasty.jp/kazami/html/2007-11/11-06-866970.html

あれ?
件名が変わってる?
初めに見たときは「これが最後?」だけだったような・・・

>思い出深いウルトラマン映画の最新作“大決戦!超ウルトラ8兄弟 ”
>(来年の秋公開予定)に友情出演致しました


これは嬉しいお知らせ、劇場版メビウス以来、そして劇場版コスモス以来のキドが登場か?
しかしそのあとには

>すでにニュースなどでご存じかと思いますが、
>製作サイドの諸事情により今回が最終話になるのではと?(噂ですが・・・)

>今回が最終話?ならばとすでに退団しているキド隊長は
>再就職先で少しだけですが出演する運びになりました。


うーん?
最終話、の意味が色んな風にとれるけれど
悪い憶測を働かせたり推測をすることが
「悪質な耳年増達」に当たるのかと思うと迂闊なことも書けず;;
難しいところだ・・・・・・好きな対象に迷惑をかけたくはないですし。
意図せず、だとしても迷惑であるならば申し訳ない気持ちでいっぱいです。
とりあえず、新作映画は旧円谷の体制が送り出す最後の作品になるということは
間違いのないことですのでそういう意味での最後、なのだと思いたい(´・ω・`)
噂が巡りめぐって身の無い実を伴うことのないことを祈るばかり。
TYOもウルトラマンという巨大コンテンツを狙って買収したわけですから
それを腐らせることはないかと思いますし。
そして岡部氏のブログはこの日記を最後に更新されておらず放置が決定したようです。
最近はブログ記事から情報が漏れることが珍しくないですからね。

映画のほうは順調に撮影が進んでいるらしいので
今後の公式発表が楽しみです。
あとはその映画より先の円谷の展開がわかれば
漠然とした一抹の不安も少しは落ち着くのかもしれません。

ともあれ円谷プロともども身体をご自愛していただいて
雑音を気にすることなく夢を与えられる作品のために邁進していただきたいです。
頑張りすぎて身体を壊されないことを祈ります。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/08(木) 00:34:45|
  2. 特撮NEWS|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。