更新停止?!

移転しました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Episode.5 PEACE MAKER

11/3放送 監督:鈴木健二/脚本:金子二郎

一見は平和になった地球、そして争いの続く星々・・・
本当に今は平和なのか?
それは誰にとっての平和なのか?
平和を作り出してるのは誰なのか・・・



登場エイリアン:アルファケンタウリ星系 チャムダ星人
地球人と同じような見た目をしているが額に第3の目があるのが特徴。
しかし他のエイリアンや地球人と比べても貧弱であることがさらに特徴的。
素の状態でひょろひょろしていて体力がない。
同じ星系のエイリアンからの攻撃を受けているため地球に亡命が認められている。
貧弱ではあるが持ち前の社交性を発揮して、日夜バイトに勤しんでいる。
だが本来の目的はボーダ星人を倒すために必要なオリファムと呼ばれる鉱石を探すこと。
最終的にオリファムは見つかり、ボーダ星人を倒すことに成功した。
それを持ち帰ったもののアルファケンタウリ星もボーダ星も争いの末、消滅の道をたどった。
ちなみにオリジナルセブンの「必殺の0.1秒」に登場したペガ星人の出身地が
αケンタウリ第13惑星ペガ星となっており、ちょっと名前が似ている。


凶暴エイリアン:ボーダ星人
地球に突如飛来した凶暴なエイリアン。
地球で生活していたアルファケンタウルス星系人であるチャムダ星人を次々に殺害。
獰猛かつ凶暴で、硬い装甲と高速移動で相手に立ち向かう野獣のようなエイリアン。
左手から光弾を発射することができるが身体能力を活かして相手を襲う。
セブンにも突進で挑みかかり攻め立てるなど非常に好戦的。
眼と思われる部分が突出しているが
中心からぱっくりと2つに割れて内部に潜む口で相手を威嚇する。
チャムダ星人曰く「不死」とのことで倒すためにはオリファムが必要である。
地球ではセブンXと対峙した際、オリファムの光を浴びて怯んだところをワイドショットで倒された。
その場で爆発せず、浮き上がって後退したのちに爆発したため相当生命力と防御力が高いことが伺える。
その後、アルファケンタウリ星系はチャムダ星・ボーダ星の2つが戦争の末に双方消滅という道をたどった。


ヘイワナマチ
平和な地球の街の様子が映しだされる。
テレビ曰く「5年前の今日、戦争が終わり平和記念日となった」という。
実際、いかにも平和そうであるしテレビも平和を喜ぼうと煽っている。
朝から昼、そして夜まで同じことを延々と繰り返す情報番組。
こんなん1日中聞いてたら、平和でなくてもそうなのかもと思うだろうし
むしろノイローゼになっちゃいそうな予感w

平和への疑念
ハッピープラネットに煽られてほろ酔い気分で浮つくサラリーマンに
いちゃついているカップルを見て
頬が緩むジン。
「本当に平和?」
と珍しく最初から一緒にいるエレアが問いかける。
「確かに戦争や紛争はないけれど、
人は簡単に争いをやめられるかしら」という。
怪訝な表情を浮かべるジンの前でサラリーマン同士が喧嘩を始めてしまい・・・
そしてそんなジンとエレアを監視するかのような目線。
この目線は一体誰なんだろう?
はっ!
まさか恒点観測員?!w

墜落する宇宙船
場面は変わり、宇宙船落下。
三つ目でガリガリのエイリアンが降り立ちなにやら宇宙語を話している。
うまいと思ったのは、明らかにやせ細っている人を起用したこと。
見るからに「なんか貧弱そう・・・」と思わざるを得ない。
そして多くの宇宙人は日本語しかしゃべらないが
この宇宙人は降り立ったときに自分たちの言語を操ったこと。
こういうところをしっかりおさえてあるのは好感が持てる。
そしてジンとケイの捜査も開始された。

エスが言うには、アルファケンタウリ星のエイリアンだという。
「特徴は?」
「弱い」
こう言い切るエスがなんか素敵w
ともあれ亡命が認められているなんだか可哀想な宇宙人だということが判明。
早速調査に乗り出すと、確かにひょろひょろ・・・
だのになぜに工事現場やら酒屋やら、体力の必要そうなところで働くのかw
「こう見えても丈夫なんですよ」というのは本人の弁だが、とてもそうは見えん。

友好的エイリアンとの接触
鈴木となのるエイリアンに話を聞くジンとケイ。
墜落したと思われるエイリアンからは連絡はなかったという。
ちなみに自分がエイリアンだとは明かしていないとも。
エイリアン自体、良い評判ではないからというのがその理由。
とか話しているうちに座りたがるほどの貧弱さ。
サッカーボールをまともにけり返すこともできない脆弱さ。
彼らにとってこの星の重力は強すぎるらしい。
しかし地球にいる彼らがみんなが同じ顔ってのは・・・w

ケイはエイリアンに同情するのは初めてだという。
嘘を言っているようにも思えない。
しかし視聴者からすると、どうにも含みがあって最後まで信用しがたかったが・・・

殺戮者、侵入
しかし人知れず、さらに別のエイリアンも転送されてくる。
「この星にあるのは間違いない。
しかし何かに遮蔽されている」
と情報を仲間に伝える鈴木。
しかしそれをかぎつけたボーダ星人によって殺害されてしまう。
鈴木は全身が青くなり、エイリアンの正体を現して倒れた。

続いて佐藤のいるラーメン屋でも暴挙にでるボーダ星人。
女将さんが包丁を持って応戦しようとするも
頭から口が飛び出し、威嚇したのちに突進で吹っ飛ばす!
この頭が割れる演出はもっと戦闘のときにでも活かしてほしかったな・・・
てっきり俺はこのときこの口でもって食うのかと。
シルエットでもいいから残虐性描写のために食われるシーンがほしかった。

1対3の応戦
そこへ到着するジン・ケイ・エス。
ボーダ星人の姿を認めると戦闘態勢に!
そういえば3人がこうして連携するのは初めてだ!
しかしまずケイがつかまれたのちに吹き飛ばされ
エスも格闘で応戦するもいなされ
ジンの射撃からも高速で逃れるなど
身体能力は圧倒的。
このあたり、初の3人連携に加えてエイリアンの能力描写もされて面白い。
野獣のような動作がさらに緊迫感を出している。

判明する事実
ボーダ星人がいなくなったあと、スーツ姿のチャムダ星人が登場。
オリファムという存在がここで初めて明らかにされ
アルファケンタウリ星人である彼らが地球にきた目的はそれだという。
オリファムは彼らにとっての守り神であり、全てであるという。
すでにDEUSはそれを研究所に保管していたためそこへ向かう。

しかしボーダ星人も同じくそこへ向かっており、研究所内で出くわす!
おぉ、これは怖いシチュエーションw
皆を隠し、ジンは単身突撃。

セブンXvsボーダ星人
一室に忍び込むと、ボーダ星人が飛びかかってくる!
しかしジンが迎撃しようとするとなんと空中で移動して回避。
なかなか魅せてくれる。
そしてセブンXへと変身するジン。

ひたすら突進してセブンを押し込んでいくボーダ星人。
殴りつけるもその装甲は硬いらしい。
両目を掴んでドラゴンスクリューのような技をかましてダウンに持ち込むが
何もなかったかのように立ち上がるボーダ星人。
左手から光弾を発射すると、セブンはバックジャンプで回避。
鉄箱か火花を散らすうえに飛び乗ったのが印象的。

一方、オリファムを前に何かの詠唱を始めるαケンタウルス星人。
するとオリファムは緑色の輝きを放つとクリスタル状の姿を現した。

またしてもセブンへ突進していくボーダ星人。
しかしそこへ開放されたオリファムの輝きが差し込み怯む!
その一瞬の隙にワイドショットを打ち込むと爆散。
うなづくチャムダ星人。

平和になったのは・・・
5人のチャムダ星人たちはそれを持って宇宙船へ搭乗。
ジンたち、3人にが見送ることとなる。
「ありがとうございました」
「早く、戦争が終わるといいな」
「はい、これで彼らを殲滅することができます」
「・・・殲滅・・・・・・」

その後、宇宙の彼方で2つの惑星が消滅した。
そのことを報じる地球のニュース。
「地球が平和でよかったですね」とまるで他人事のような話しぶり。
しかしそこへエレアが現れ
「誰にとっての平和?」
と問いかけ、疑問を持つジンのモノローグで終わる。

結構深いお話でした。
貧弱なエイリアンであってもあるきっかけがあることで
凶暴なエイリアンと同じくらいの破壊力を持つ存在へと変わってしまう。
たとえ人をさらったり襲ったりできるほどの力がにせよ
何かを滅ぼす力と言うのは使う人次第で良くもなり、悪くもなる・・・
もしあのエイリアンが貧弱でなかったらどうなっていたか。
オリファムがないままだったらどうなっていたか。
ボーダ星人側の意志はどうであったのか。
疑問は尽きない。

次回、宇宙を飛ぶセブンX!
倒れるエレアにアクアプロジェクトという文字が・・・
スポンサーサイト
  1. 2007/11/03(土) 04:03:16|
  2. ULTRASEVEN X|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。